IT, work

ROで、ギルメンのBSさんと話をしてる最中に、ネットワークの話になった。 ネットワークの力は偉大だ。 そう、マシンの向こう側には、人がいて。 0と1との数字の羅列が、電気信号のON/OFFが、僕らを瞬時につなぎ合わせる。 どうして文字を交わせるの? どうして声が聞こえるの? それらひとつひとつに疑問を持ったら、どこまでも知りたくなってしまわない? 単に道具として使うだけじゃなくて。 僕は、ネットワークの世界そのものに興味を持ったんだ。 そんな話をしたら、BSさんもネットワークに興味を持ち始めたらしい。 あ... Read More

AC, blue

お姉さんからきいた、サバイバーの贋物の話。 「父親の暴力がひどくて、母親が癌で、今の仕事じゃつき15万しか稼げなくて、だから愛人なんかやってたりして……辛くて仕方なくて、彼氏に資金援助を頼んでる」 ……一見、サバイバーっぽそうに見えるんだけどさ。 こんなひとと、僕らサバイバーを同列に見てほしくないんだけど。 確かに僕は薄汚れてる、決して綺麗なんかじゃない。だけど、こんな汚い女と同じだと思われると、腹が立つの。 この女の彼氏、サバイバーと贋物の区別がつかなくて、女に貢いじゃったらしい。 しかもそのひと、実は... Read More

AC, blue

お姉さんの話で泣いちゃったこと、ある人に、話す機会があった。 「嬉しいのとかそういうの、共有できるってことは、その人はもう、家族みたいなもんやからな」 ……お姉さん、僕ね、また泣いちゃったよ。 泣き虫でごめん。 でも、とてもたくさん、声をあげて泣いたから、こころが少し、楽になれた気がする。 左の小指にはめた、買ったばかりのヘマタイトの指輪が、僕に力をくれたのかもしれない。 そしてメールボックスには、meouさんから1年ぶりのメールが届いてた。 少し元気を取り戻せた。 いいことは、続くんだね。 みんな、あり... Read More

AC, blue

お姉さんから、メッセージが飛んできた。 ねえ、お姉さん。 お兄ちゃんのために、どうしてそんなにまでして自分を犠牲にするの? 僕は悲しくて、悲しくて。いかにもサバイバーらしい選択に、涙が止まらなくて。 だから、親にメールを書いているという話を聞いたとき、思うことを口にした。 お姉さんの現状を伝えて、心身ともに限界であることも伝えて。 どうせ返事は無視されるだろうから、メールを出したら、どこかへ逃げちゃいな? カバンひとつでどこへでも飛べるくらい、お姉さんは身軽なはずでしょう? そしたら、お姉さん、少し考え方... Read More

AC, blue

家族のために、自分を犠牲にできますか。 自分の幸せを、諦めることができますか。 常に全力で、生き続けられますか。 振り返ったり、立ち止まったり、休んだり、楽して半分の力でなんて、許されないのです。 生まれた時から、ずっと独りで、全力で、全力で。 「自分」を殺して、ないものとして、全力で走りつづけて。 夢にまで見た幸せを、何度となく手にいれるチャンスがあっても。 それらすべてを諦めて、家族のために生きられますか。 サバイバーには、ごくごく普通のちっぽけな幸せを、願うことはおろか、夢見ることすら許されないので... Read More