宮城蔵王キツネ村、那須高原

2015-09-28

ダンナーが楽しみにしていた蔵王キツネ村へ向かう。
道中、お昼をソーセージレストランで取ったんだけど、すごく待たされた。
原因がわかったわ、ここ6人掛けの席に2人組の客を通してる´д`; あっ、テーブルを2人がかりで片付けてるとか、他にやることあるでしょ´д`;
つまり、店側が回転を良くする努力をしていないよ´д`;
なんかもうね、美味しいものも美味しくなくなる´д`;
子供OKなので子連れも多いしね。案の定、動物園状態。子供だから何やっても許されるとか、ないよ(-“ー #)
あとは、恐らくメンヘラ系と思われるちょっとおかしなカップルがいて、その人たちの周囲に配慮のない立ち居振る舞いや常に大声で喋ってるのがすごく気に障ってしまったのとかもあったし……僕も病院通い組なので人のことは言えないけれど、彼氏さんの方、もう少し彼女さんを躾けたほうがいいと思うよ、見た目30代でソレだといろいろまずいと思うわ……。
ただ、ベーコンやソーセージは実に美味しかった。最終日はベーコン買って帰ろうよって話になったほど。

ソー↑セー↓ジ
ソー↑セー↓ジ

キツネ村に着いた頃には14時回っちゃってた。

やっと着いた
やっと着いた

入り口にはなぜかゴリラの像が。キツネ村なのにw

寄贈品らしい
寄贈品らしい

入場時、注意事項をいろいろ聞く。キツネは手を出すとエサだと思って噛むよってのを何度も言われた。子供は特に追い回されやすいらしい。
えっ、だとしたら、子供がキツネを抱いてるパンフの画像は、どういうことなの?
園内はエリアが区切られていて、入ってすぐのエリアのキツネはケージに入れられ、リードで繋がれていた。抱っこ撮影ができるのはこのエリアのようで、特定のキツネのみが気性が穏やかで噛みにくいようだった。

おとなしい子
おとなしい子

それでもキツネに触れるのは係員に断らないといけないようで、キツネを飼いならすのは相当難しいのだなと感じる。
キツネは夜行性なので、ケージ内の子狐たちはほとんど寝ている。あれー。
場内がなにやら臭うが、これは近所の豚舎の臭いとのこと。あらあら、大変だなあ。
別のエリアにはポニーがいてエサがあげられたり、アナグマやヤギがいたりもした。
ヤギポニー

さて、キツネ放し飼いのエリアへ。
ケージのエリアのキツネを見ていたので、数が少ないなあと感じていたんだけど、そんなことはなかった。
白、黒、黄色、灰、いろんな色のキツネがそこら中に……

寝ている。
寝ている。

やっぱ寝てるのかー!
……と思ってたら、係員のおねえさんがバケツを持って、スコップで何かを掬っては道々の棚などにパラパラと置き始めた。
すると、寝ていたはずのキツネたちが起き上がり、そこへ目掛けてどんどん集まってくる!

どんどん集まる
どんどん集まる

バケツの中身はドッグフードのようなカリカリのようなコロコロしたもののようで、係員によるとキツネたちのおやつらしい。
このとき、キツネと犬は違うんだなと思ったことは、各々が仲良くおやつを分け合えないことだった。
一頭がおやつを頂いてるところへ別のキツネが割り込みしようものなら、甲高い声で激しく威嚇。強さを示せたほうがおやつを独占。えー´д`;
周囲をよく見ると、怪我していたり片耳がないキツネがちらほらいる。
ダンナーと、うわ……やっぱ獣、畜生の類なんだなこいつらは。と確認しあった瞬間だった(-“ー;)
20150523-1120150523-1620150523-17
20150523-0720150523-0820150523-09
20150523-18

園内には神社があったので、お賽銭をあげる。神社仏閣はよいものだ。
その後、放し飼いエリア内唯一の休憩スペース兼エサやり場所へ。
ここはキツネが入らないように扉付きの高台になっていて、係員からエサを買って、高台からエサを投げて与えることができる。
キツネは手を差し出すだけで噛んでしまうため、手からエサをあげることはできない。
ところでこのエサ、どこかで見たような。
……犬用のジャーキーだって´д`; そうか、キツネはイヌ科だっけ´д`;
キツネたちが座って高台を見上げ、エサが飛んでくるのを待ってる姿は犬のようで愛らしい。
理想俺も俺も

……が、現実は激しいエサの取り合いだ´д`; エサもらう前から威嚇しあってるやつもいるし´д`;

現実
現実は威嚇と奪い合い

あと、キツネって目が悪いのかな? 投げたエサがどこに行ったかわからないというケースが何度か見受けられた。
一時間ほどぐるぐる見て歩き、園内を堪能したので、出口からショップへ。
ショックだったのは、オリジナルTシャツがLサイズしかなかったこと、キツネ村とわかるお土産がアメくらいしかなかったこと。
えー! キツネ村クッキーとかあってもいいのにー!
やっぱコストの問題なのかなあ、あるのはほとんど蔵王土産。まあそうね、ここ蔵王よね´д`;
あと、キツネの毛皮もあったよ、うん´д`; 園内のキツネは野生だから養殖のと違って毛皮に向かないんだよって書いてあったけどね、うん´д`;
でもまあ、ダンナーがキツネをたくさん見られてとても喜んでいたので、行ってよかったな。

宿を目指して那須へ。
晩ごはんは那須高原SAで定食。小鉢が選べてうれしい。
この日は宿泊客が少なかったとのことで、お部屋がユニットバストイレ付きの広い部屋にグレードアップしていて、温泉にいたっては完全に貸し切り状態だった。
元々、鍵をかけて入る貸し切り風呂がいくつもある宿ではあったけど、貸し切りではないはずの自家源泉風呂もカギかけて使っていいよというアバウトさ。すごい(O_o)
お湯が熱かったけど、とても温まったわ。
長距離移動で疲れが出たのか、ダンナーがかなり早い時間からぐーぐー寝てしまったくらいに。

昼:ベルツ(ダンナーはバイエルンプレートランチ、僕はソーセージランチ)
夜:那須高原SA(ダンナーは那須豚カツ定食、僕は唐揚げ定食)